宇田みおこの政治理念

あなたの声を政策として提案し、

議会・行政改革をあなたの先頭に立って行います!

 

佐倉市政の最も重要な役割は、住民ニーズに即した施策、予算配分をすることだと私は考えます。

 

市議会議員は、限られた財源の中で様々な住民ニーズの中から最大公約数の幸せは何かを常に念頭に、

市長(執行部)に対し、市民の代表として判断と決断を下すことが求められていると考えます。

 

そして、皆さまの声を自ら政策提言をすることが重要です。

住民の代表として、議員は私利私欲を捨て長いものに巻かれず、多くの住民にとって正しい判断とは何か?目先の利益ではなく、将来のビジョンを明確に描きながら、ややもすると流されそうになる自分と真摯に向き合い是々非々・常に市民目線の姿勢を貫かなければなりません。

 

民主主義は数が正義と多くの方は思っています。しかしながら民主主義の良いところは、たとえ一人でも良い考えなら話し合いを重ね、その一人の声をみんなで大切にすることができることだと私は信じます。

宇田みおこは最後まで諦めず、決して屈せず、あなたの声を政策にしていきます。

©UDA MIOKO, All rights reserved.